在来工法 | お風呂を十分に楽しむために必要な基礎知識

在来工法

現在のバスルームは、ユニットバス、システムバスが一般化していますが、これらが普及するまでは、戸建てのお風呂では在来工法がほとんどを占めていました。
在来工法は昔からある伝統的なバスルームの造り方です。
在来工法は、周りに防水加工を行い、その上からコンクリートなどで壁や床を造っていくというものです。
つまり、バスルームなので防水加工は施すのですが、それ以外は他の部屋の造り方とあまり変わらなかったのです。
この方法だと、長年使用していると、防水機能が衰えていくことがほとんどで、水漏れを起こすことが多くなるのです。そのため、10年や20年経ってしまえばバスルームをリフォームするのが当たり前になっていたのです。
しかし、それからユニットバスが進化したことで、マンションだけではなく、戸建てでも使われることが多くなったのです。
そのため、バスルームは在来工法1択ではなく、ユニットバスが誕生したことで、選択肢の1つとなっているのです。

プレハブ化されているユニットバスと違って、在来工法の場合は、オーダーメイドになります。
そのため、バスルームに充てるスペースがそのままの場合は、隣接した部屋に影響を与えることなく、リフォーム工事を行うことができます。
また浴室内の壁に使用する壁材は、タイル、ヒノキ材など様々な素材を選ぶことができるので、自分好みのお風呂づくりをすることができるのです。
浴槽の種類も、自由に選ぶことができますし、リフォーム工事もスムーズに行うことができます。
在来工法のバスルームはこのようなメリットがあるのです。