ユニットバス | お風呂を十分に楽しむために必要な基礎知識

ユニットバス

バスルームには様々な種類がありますが、よく耳にするのが、ユニットバスルームです。
ユニットバスルームのことを、お風呂とトイレが一緒になっているバスルームと思っている人も多いですが、それは勘違いです。
本来のユニットバスルームとは、周囲の壁、天井、床が一体になっているお風呂のことを指しています。
お風呂と洗面台が一体になっているものは、2点ユニットバスと言います。お風呂と洗面台に加えて、トイレが付くと3点ユニットバスと呼ばれます。
この知識を知らずに、トイレとお風呂が一緒になったものをユニットバスと勘違いしてしまうと、後悔してしまうことになります。
ですから、ユニットバスと記載されているバスルームの場合でも、バスとトイレが別の場合もあります。

一昔前までのお風呂の工事は、初めに床を防水工事して、それから給水や排水を行うための工事をして、それからバスタブを床に埋め込んでいく、というものでした。
このような工事は、多くの工程が必要で、大人数での工事になってしまいますし、時間もかかってしまいます。
それに対し、ユニットバスはプレハブ化されているので、建築現場でパーツを組み立てるだけで完成するのです。
現在では一般化しているユニットバスですが、これが世界で初めて実用化したのは日本なのです。

ユニットバスのメリットは、素材自体の防水性が高いだけではなく、床と壁の角が一体成型されているので、長年使用しても水漏れする可能性は極めて低いのです。
元々は集合住宅に使用されてきたバスルームですから、リフォームで使うことも可能なのです。
リフォーム工事することも簡単で、最短で1日で工事が完了することもあります。そのため、予算も安いですし、在来工法よりも負担が少なくて済みます。
お手入れが簡単というメリットもあります。バスルームの中を、丸ごと水洗いすることができるので、掃除も楽なのです。
ユニットバスが普及したことで、最近ではデザイン、サイズ、カラーなどの種類も増えてきて、更に魅力は高まってきています。