ハーフユニットとは | お風呂を十分に楽しむために必要な基礎知識

ハーフユニットとは

バスルームの定番となっているのが、ユニットバスです。
ユニットバスの場合は、天井までが1ユニットとなります。それに対し、浴槽、洗い場、壁の下部までがユニット化されているバスルームを、ハーフユニットと言います。
壁や天井の上部は、後付けになるので、その部分はオーダーメイドで自由に作ることができるのです。
バスルームの1番重要なポイントとなるのが、防水です。
浴槽と洗い場には防水性が高い商品を選択して、それ以外の部分にはバスルームに対する自分の希望を自由に活かすことができます。
ユニットバスと在来工法の両方の長所を組み合わせたタイプのバスルームなのです。

ハーフユニットのメリットは、在来工法でお風呂をリフォームするよりも、浴槽と床の防水性が優れています。
また、壁と天井は自由ですから、バスルームのこだわりを出すことができます。
場合によっては、天井を高くしたり、浴室に窓をつけたり、などの珍しい要望を実現することもできるのです。
戸建てだけではなく、マンションのリフォームでも、ハーフユニットは活躍します。
ドアは後付けになるので、浴槽の配置も融通が利きやすいです。

ハーフユニットはメリットが多いバスルームですが、注意点もあります。
それは、バリエーションが少ないという点です。メーカーや商品によっても異なりますが、基本的にバリエーションが少ないので、選択肢も限定されてしまうのです。
また、ユニットバスの場合は、浴室の下部に防水パンを使用するのが一般的ですが、ハーフユニットの場合は、防水処理を行うことが多いです。
そのため、ユニットバスよりも防水性は低くなってしまいます。